家族ばれ

みずほ銀行カードローンの利用を家族ばれしたくない場合はできるだけネット完結で申し込んで、履歴も消そう

みずほ銀行カードローンの利用を家族に知られず契約し、利用したいのであればWEB完結がおすすめです。ただし、より確実性を求めるのであれば、インターネットでのアクセス履歴まで綺麗さっぱり、削除することが非常に重要です。

家族に知られる危険性としては、アクセス履歴にみずほ銀行の情報が残っていること、近年では検索ブラウザの学習機能で平仮名でも表示される危険性があります。そこで重要なのは、インターネットブラウザの履歴を消し、キャッシュ情報まで確実に消すということが重要です。

意外に危険なのは、パソコンにログイン用のIDやパスワードが記憶されてしまい、利用履歴が発覚することもあり得ます。家族の中でパソコンに精通している人がいる場合、より注意をする必要があり、セキュリティ対策ソフトのアクセスログも削除する徹底性が必要です。

しかし、一般的な家庭であれば、ここまでする必要はないものです。

みずほ銀行カードローンの利用を家族ばれしたくない場合はキャッシュカード兼用型を利用しよう

みずほ銀行カードローンの利用を家族に知られたくない場合、キャッシュカード兼用型での契約が非常におすすめとなります。

ただし、注意するポイントとしては、あらかじめ銀行口座を開設し、キャッシュカードを手に入れるといった方法のため、時間を要することを認識する必要があります。

先ず、みずほ銀行に銀行口座を開設した際、通帳やキャッシュカードをダミーとして家族に見せることが可能です。しかし、ここからが重要であり、WEB完結により契約することでキャッシュカードにカードローン機能を追加することが可能です。

これならば、家族に知られることが無く、カードローンを契約出来ることが可能であり、毎月の返済は銀行口座引落、かつ利用明細はみずほマイレージクラブで電子送付にすることで秘匿性を確保できます。

みずほ銀行カードローンの利用を家族ばれしたくない場合は延滞・滞納は絶対にNG!

みずほ銀行カードローンは、みずほマイレージクラブに加入することで毎月の利用明細をインターネット上で確認可能となり、自宅へ利用明細書が送付されないということが可能です。

しかし、これが通用するのはしっかりと返済を行っていることが条件であり、返済が遅延した場合は連絡先として登録した電話番号に連絡が入ります。もし、自宅の電話番号を申告していた場合、家族にバレる可能性が非常に高くなります。

また、返済遅延どころか滞納に陥った場合、督促状や保証会社への債権譲渡通知などが自宅へ送付されてしまい、家族の目に付くものとなります。

そもそも、銀行からの親展や本人限定郵便は非常に不信感を与えるものであり、特に圧着はがき(三つ折りや二つ折りで剥がせるもの)の場合、非常に不審に感じます。

みずほ銀行から郵送物が送られてくることは止めることはできないが、みずほ銀行名義なのでいいわけ可能

みずほ銀行カードローンを契約した場合、郵送物ゼロでの契約は不可能ではあるものの、基本的に1回だけで済むため、家族へ言い訳することも可能です。

先ず、カードローンを契約した際、必ずローン専用カードまたは銀行口座の通帳およびキャッシュカードが送付されることとなります。

この際、本人限定受取の郵便となるため、不在票があったとしてもみずほ銀行名であれば、『銀行口座をしてキャッシュカードが送られてきた』や『キャッシュカードが時期不良で使えなくなったから新しいカードが来た』などといった言い訳が可能です。

ただし、あくまで『基本的』なものであり、利用明細の送付を停止するのであれば、みずほマイレージクラブに加入することや返済に問題を生じさせないといった注意が必要です。

みずほ銀行カードローンの利用を家族ばれしたくない場合は借入はできるだけコンビニで、返済は自動引き落としを利用しよう

みずほ銀行のカードローン利用を家族ばれしたくない場合は、借り入れは出来るだけコンビニで、返済は自動引き落としでする様にしましょう。

銀行のカードローンなのでもし書類が家に届いても怪しい事はありませんが、万が一という事もあるので、借り入れは近くのコンビニで、又はみずほ銀行のATMでも借り入れが出来ます。返済は自動引き落としをおすすめします。

みずほの銀行の普通預金口座を持っていればそちらの口座を登録すれば毎月自動で決まった額を引き落とししてくれます。

私も利用していますが、みずほ銀行の良い所は例えば25日に引き落とし日を設定していたら25日の21時までに口座に入金すれば良いのでギリギリでも助かります。

PAGETOP