みずほ銀行カードローンがパートやアルバイトの方にもおススメの理由

みずほ銀行カードローンはパートやアルバイトの方でも利用可能!

みずほ銀行カードローンはパートやアルバイトの方でも利用は可能ですが、融資限度額については少額となります。そもそも、みずほ銀行カードローンは安定かつ継続した収入があり、保証会社の保証を受けられれば借り入れすることが出来ます。

そのため、パートやアルバイトでも融資条件を満たすことで借り入れは可能であり、専業主婦でも配偶者い収入があれば借り入れ出来るカードローンとなっています。

ただし、パートやアルバイトは収入が少ないため、審査も厳しく、融資限度額も少なくなってしまうため、契約前に期待しすぎないことが重要となります。

みずほ銀行カードローンは即日融資ができる

みずほ銀行カードローンは、条件次第で即日融資が可能なものの、一番重要なのはみずほ銀行に銀行口座を所持していることが最大の条件です。

銀行口座がある場合、キャッシュカードを所持していることになり、Web完結を利用することで平日の日中に審査を完了させ、契約まで行ってしまえば当日中の借り入れが可能です。

この場合、キャッシュカードのカードローンの機能が付加されるため、提携ATMからの借り入れが可能となります。ただし、銀行口座がない場合、他銀行口座への振り込み対応が行われていないため、同時に銀行口座を開設しても1~2週間ほどの日数を要します。

みずほ銀行カードローンで取引手数料が無料のATMと有料のATM

みずほ銀行カードローンを利用するのであれば、ATMで生じる取引手数料が非常に気になり、無料・有料の差が生じることとなります。

基本的にみずほ銀行カードローンを契約するのであれば、みずほマイレージクラブに加入する必要があり、みずほ銀行のATMでも加入しなければ手数料が発生します。

先ず、みずほマイレージクラブに加入すれば、みずほ銀行ATMでも時間外や休日の利用でも毎月4回まで手数料が無料となります。

また、イオン銀行のATMでも同様に手数料が無料となりますが、コンビニや他銀行との提携ATMでは108円または216円の手数料が発生します。コンビニATMについては、非常に便利ではあるものの、手数料が発生するものとなり、無駄な費用になってしまいます。

しかし、ミニストップの場合、イオン銀行のATMが設置されているため、手数料が無料となり得ます。ただし、重要なことはみずほマイレージクラブに必ず加入することであり、加入しない場合はみずほ銀行ATM以外での利用に不向きです。

みずほ銀行カードローンの審査時にうそをついてもばれるだけ

みずほ銀行カードローンの審査時にうその情報を記載しても、基本的には審査段階で発覚してしまいます。身分詐称や詐欺に該当する犯罪行為は別として、年収や家族構成、他社借り入れ件数や借入金額は誤魔化しても個人信用情報から簡単に分かります。

そもそも、みずほ銀行自体は全国銀行個人信用情報センターの情報を利用してみますが、保証会社が利用する個人信用情報にはクレジットカードの情報まで記載されており、申込時の申請情報まで記録されています。

例え、みずほ銀行カードローンの申請内容で情報をうそで誤魔化したとしても、様々な方面の情報からうそがばれてしまいます。また、うその情報は審査場大きなペナルティーとなるため、絶対におすすめすることは出来ません。

みずほ銀行カードローンはパート、アルバイトでも審査が厳しくならない?

みずほ銀行カードローンは安定的かつ継続した収入があるサラリーマンでも審査が厳しく、パートやアルバイトでも条件は基本的に変わりません。そもそも、みずほ銀行カードローンは無担保・保証人無しのローン契約であり、信用貸しと言える金融サービスです。

そのため、返済能力の有無、他社借り入れに対する返済状況、収入に基づく返済能力の査定が厳しく行われており、短時間かつ正確に行われています。

現在では、システムで統計データを基にスコアリングによる融資判定が行われており、昔ながらの審査結果待ちが無くなっています。その結果、短時間で融資可否や融資限度額が査定できるものの、融資を受けられない方の不満がインターネット状に溢れています。

基本としては、みずほ銀行カードローンに限らずローン商材は、審査が厳しいというのが実態であり、その象徴的なものが個人信用情報機関です。

みずほ銀行カードローンはパート、アルバイトだといくらくらい借りれるの?

みずほ銀行カードローンですが、パートやアルバイトの場合、コンフォートプランが適用され、融資金額は10 万円、20 万円、30 万円、50 万円のいずれかになります。基本的に年収により決まるため、パートやアルバイトで得ている収入の1/3程度が基準となります。

そもそも、みずほ銀行カードローンは保証会社の保証を受けることが重要であり、融資額は保証会社が最終決定を行っています。

融資限度額については、貸金業法に定められる総量規制を適用してはいけないという決まりが無く、保証会社は総量規制を基準としても問題はありません。結果として、年収100万円であれば、20~30万円の融資金額が妥当な相場となります。

PAGETOP