みずほ銀行カードローンの審査で少しでも有利になるために知っておきたいこと

みずほ銀行に限らず、カードローンの審査では安定した収入が最も求められる

みずほ銀行に限らず、カードローン審査の多くで、『安定かつ継続した収入』があることが最も重要視されています。この点については、多くのカードローンの商品概要における融資条件に記載されており、銀行によって年金は安定した収入と見做さないケースもあります。

そもそも、ローン自体は返済するべきものであり、収入が無ければ返済する手段が無く、安定していなければ返済出来なくなるだけです。個人間の貸し借りでも現金に限らず、相手が必ず返済や返還をすることを重要視し、相手の信用度でその基準が変化していきます。

現金を借りるのであれば、同等の金額とプラスαで返済するというのが世の中の通例です。

みずほ銀行の口座を給料の振込先にしていれば審査で有利になるのか?

みずほ銀行の口座を給料の振込先にしていれば、審査で有利になるのかというと、少なからずプラスの条件に働きます。先ず、みずほ銀行カードローンの審査では安定した収入があることを確認するため、勤務先への在籍確認が行われます。

この勤務先からの給与支払いがある口座の情報は、みずほ銀行にとってより安心することの出来る情報源であり、返済が延滞した場合、口座残高や預金の差押が可能になります。また、より直近の給与情報を入手することが出来るため、給与自体の差押も可能となります。

つまり、無担保・保証人無しのカードローンではあるものの、自分自身の収入を実質的に担保とすることになり、みずほ銀行に対して収入をより保証できるものとなります。

カードローンの申し込みに名義貸しも名義借りも絶対にNG

カードローンの申し込みにおいて、契約者と実際に利用する行為、すなわち『名義貸し』および『名義借り』という方法は絶対に行ってはならない行為です。名義貸しが発覚した場合、カードローンを提供する側にとっては虚偽の申請と見做され、詐欺罪で摘発される可能性があります。

例え、夫婦間や家族間といっても、違法性があり、実際に名義を利用された方は『万が一の場合』は様々なペナルティを受けることとなります。名義を借りた貸したに限らず、カードローンの契約者には強制解約・一括返済・事故情報の登録といった危険性があります。

また、名義を貸した相手が返済を滞った場合、契約者と見做される方の与信情報にダメージを受けることとなります。さらに、名義貸しをしたとしても全ての書類を準備出来る訳ではなく、身分証明書の提出時には問題となり、身分詐称ともなります。

名義貸しや借りによる被害を証拠として立証することが難しいため、カードローンの審査が通り難いと考え、旦那さんの名義で契約するということは絶対にNGです。

みずほ銀行カードローンの在籍確認をなしにすることはできない。電話がかかってきてもばれないように気を使おう。

みずほ銀行カードローンを審査申込する場合、電話による在籍確認は回避することが出来ません。そのため、電話が掛かってきた場合、本人が応対できる場合でもポーカーフェイスでの対応が必要であり、カードローン審査と気付かれないことが重要です。

先ず、勤務先へ個人名で在籍確認が行われたとしても、契約者本人が不在であることが確認出来れば問題はありません。しかし、契約者本人に電話が取次がれた際、個人名で掛かってきた電話に対し、氏名や生年月日、住所といった情報を回答することは周囲に不審を与えます。

オフィスの場合、電話応対は丸聞こえであるため、周囲に人に聞かれる危険性のない個室といった場所での対応をおすすめします。オフィスならば、面談室などが用意されているケースが多く、無い場合でも廊下や屋外で対応することが重要です。

近年では、固定電話を利用する会社も少なくなり、PHSを回線とすることが多く、電話応対を周囲に気遣うことも可能になっています。

みずほ銀行カードローンの審査基準は外部には開示されていない

みずほ銀行カードローンは、低金利かつ融資額が高いため、人気が高いものとなっています。しかし、審査基準委ついては外部には開示されていないというのが事実であり、審査落ちした場合は理由を探るのに苦労をすることもあります。

基本的にみずほ銀行に限らず、銀行や消費者金融は審査基準を公開していないのが事実です。ですが、スコアリングという判断方法については、基準がある程度明確になっており、日本国内における指標ともなっています。

つまり、審査基準は公開されていないものの、ある程度の指標は定型化されており、仮審査かつ申込情報において、審査NGとなる方は条件が既に当てはまらないというのが事実です。

また、在籍確認が行われれずに否決される方は、個人信用情報に問題を抱えているということになります。審査基準は公開されていないものの、マイナス面に作用する情報は、確実の審査不合格を誘発するため、過去の申込者の情報を収集することがポイントです。

みずほ銀行カードローンに申し込むときには同時に他のカードローンには申し込まないようにしよう

みずほ銀行カードローンや他銀行のカードローン、消費者金融のカードローンは同時に申し込まないことが重要です。『数打てば当たる』という安易な考え方でカードローンの申し込みを行ってしまった場合、タイミング次第では全ての審査が否決される可能性があります。

みずほ銀行カードローンは金利も低く、総量規制対象外であるため人気が高いものの、保険として他社カードローンの審査とバッティングすると個人情報機関の情報照会に履歴が残ります。

つまり、同時に複数社や短期間にカードローンの契約を申し込む場合、多重債務の危険性がある、借金により借金を返済する行為を行うと判断されかねません。

銀行カードローンの場合、銀行以外にも保証会社に情報が残るため、同時審査はその時点だけでなく、将来的なローン契約にも影響します。

PAGETOP