みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンの在籍確認は回避できるの?

みずほ銀行カードローンの在籍確認ですが、消費者金融のカードローン同様に在籍確認を回避できないかと考える方がいますが、回避することが出来ないものとなります。

そもそも、みずほ銀行カードローンに限らず、他銀行のローン審査においては在籍確認が必須事項となっており、社員証や給与明細で免除出来る審査事項ではありません。先ず、銀行のローン商材はあくまで、預金を資産として運用しているため、預金に対し金利が発生します。

すなわち、誰かの預金を借り入れしていることと同じであり、カードローンなどのローン商材を無差別に貸付し、債務超過者が大量発生した際は銀行が管理する預金も無くなります。

一方で、消費者金融の場合、基本的には企業活動であり、会社が保有する資産内での運用となり、融資審査は自己責任となります。

もしも、銀行が債務整理の問題で破綻した場合、多くの人に影響を与えることとなるため、在籍確認により返済能力の確認と最悪時の債権回収方法を担保します。

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話はどんな内容?

みずほ銀行ではカードローンの融資の際に在籍確認を行うとされています。

どのような在籍確認はされるかは公式には公開されていませんが、一般的に在籍確認というのは利用者が本当に在籍してるかどうかだけを確認するようですから、カードローンの申し込みであるということや申し込みの際に申請された勤務年数などは本当かどうかなどは確認しません。

在籍のみを確認するので電話口で 本人が出れば在籍確認終了となります。もしでない場合でも本人の在籍確認を取れたら終了となるので、本人が気づかないうちに終わっていることもあります。

みずほ銀行カードローンの在籍確認で、職場バレすることはない?

みずほ銀行カードローンの在籍確認において、勤務先へバレる心配は余程のことが無い限り、基本的には『カードローンの在籍確認?』と疑うことはありません。

みずほ銀行のローン契約の場合、住宅ローンや自動車ローン、フリーローンでさえ勤務先へ在籍確認が行われるため、カードローンかどうか判断できません。

そもそも、在籍確認が行われる際、銀行名ではなく、担当者の個人名で電話がされるため、ローン契約と分からない状態です。

ただし、バレる危険性があるとすれば、滅多に勤務先へ個人名で電話が来ない方については、『怪しい電話』と認識されてしまい、個人情報保護の面から在籍回答がされないケースもあります。

また、電話応対が多い方にベテラン社員の場合、銀行の審査と気付くケースはあるものの、誰もが契約するものであるため、内々に済ますのが常識的です。

銀行や保証会社の審査については、契約者のプライバシー保護が重要視されているため、非常に気を使った確認が行われます。

みずほ銀行カードローンで在籍確認が来れば、審査はほぼ通過している?

みずほ銀行カードローンで在籍確認が来る時点では、ほぼ融資可否や融資限度額が査定されており、審査がほぼ通過している状況にあり、在籍確認とは詰めの審査事項となります。

そもそも、無担保・保証人無しのカードローンとなるため、契約者の返済能力の確認が重要となり、勤務先の電話確認は返済能力だけでなく、継続して収入が見込めるかの確認にもなっています。

勤務先への在籍確認は、契約者本人の問題ともなりますが、勤務先への財務状況も予め確認し、倒産のリスク査定も行われています。

しかしながら、在籍確認がされた後に審査落ちするケースがあり、『在籍確認と個人信用情報の照会手順が逆転している』または『契約内容に誤りが多い』ということです。

基本的には仮審査と本人確認で決まりつつあるものの、第三者からの情報を基に問題の有無の再確認となります。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はみずほ銀行?保証会社?どちらがおこなっているの?

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、みずほ銀行と保証会社のどちらが行っているか非常に気になりますが、一般的に保証会社が在籍確認を行っていると言われています。

ただし、みずほ銀行カードローンの商品紹介には、『みずほ銀行およびみずほ銀行指定の保証会社の審査があります』と記載されているだけであり、みずほ銀行や保証会社のどちらかは断定できません。

また、みずほ銀行が在籍確認を行う際は、みずほ銀行と名乗るケースや担当者名のパターンがあり、保証会社の場合は担当者名での在籍確認の電話となってしまいます。そもそも、保証会社の場合はみずほ銀行と名乗ることが出来ないといった制約があります。

結果的に、どちらのケースも想定されるものの、融資審査の最終決定としては保証会社が契約者の保証を出来るかという点にあり、保証会社が行うのが一般的になります。

みずほ銀行が在籍確認まで行うよりも、保証料を支払っている保証会社に在籍確認まで委託する方が効率的になります。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は自分が出なくてもいい?

みずほ銀行に限らずカードローンを契約したら在籍確認の電話はあります。がこの電話に契約者本人が出る必要は絶対というわけではありません。在籍確認という言葉の通り在籍が確認できれば構わないのです。電話する側は「○○さんいらっしゃいますか?」という主旨を伝えます。

その時にその場に当人がいれば問題なしですが、「今は席を外しています」という反応でも契約者が在籍している事は確認出来ます。もちろん流れの中で契約者本人が電話に出る流れになるかもしれませんが、それは絶対の要素ではありません。

みずほ銀行カードローンは在籍確認が完了してなくても借りれる?

みずほ銀行カードローンは、在籍確認が完了していない状態では借り入れを行うことが出来ません。そもそも、在籍確認についても審査項目の一つであり、みずほ銀行や他銀行でも必ず在籍確認が行われた後に借り入れが出来るようになります。

消費者金融の場合、在籍確認を行う前に仮の融資限度額が定められ、後々に在籍確認が行われるケースもあります。ただし、銀行のローン商材はあくまで資産運用を行い、収益の一部を利息として還元しており、ローン商材で得た収益も還元されています。

そのため、在籍確認が行われていない状態で融資をするということは、万が一返済がされないといった場合、大きなダメージとなってしまいます。つまり、在籍確認とはどこの誰なのか、本当に収入があるのかという確認を行うものとなっています。

PAGETOP