みずほ銀行カードローンの審査に有利な人

みずほ銀行カードローンが収入証明不要で200万円という大金を借りられますが、これはあくまで原則としてなので200万円以下の融資を希望しても、収入証明の提出を求められることがあります。

よりスムーズに審査に通るためにはみずほ銀行の銀行口座を持っていることが望ましく、さらにこの口座をよく利用している方は審査でも有利です。

またみずほ銀行を普段利用していてカードローン利用のお誘いをみずほ銀行側から受けたことのある方も審査通過率が高い傾向にあります。
なぜなら、口座の入出金によってその人の経済状況はある程度推測でき、収入も把握できるからです。

特にみずほ銀行の口座を給与振込みの口座にされている方であれば、他の問題がない限りは非常にスムーズに審査が終了するでしょう。

カードローンの審査と属性の関係とは

カードローンの審査は今後の収入の状況を判断して結果を出す傾向があり、属性を重視するために申込書に正確な内容を記入することが求められます。属性は勤続年数や居住形態など幅広い内容であり、記入した内容をスコアリングして判断します。

カードローンの審査は金利が安く多くのお金を貸すため確実に返済ができる人を慎重に選ぶ傾向があるため、スコアリングの点数が低ければ審査落ちをするために事前に内容を確認して申し込む必要があります。

カードローンの審査と属性の関係は深く、通るためには同じ勤務先に長く勤務することや賃貸物件ではなく持ち家に住むなど今後の収入の安定が見込める状況であることが求められます。

以前は固定電話の有無も重要な属性の項目の一つとされてましたが、現在は携帯電話の普及により以前ほど重要ではなくなりました。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受ける

収入証明不要で契約できるみずほ銀行カードローンですが、即日融資を受けるにはいくつか条件があります。まず、必須になるのはみずほ銀行の銀行口座を持っており、手元にキャッシュカードがあることです。

そのキャッシュカードにキャッシングの機能を追加する形になるので、契約が済めばすぐにカードでお金を借りることができるのです。

銀行口座がないと口座開設の手続きをしてからカードを受け取ることになるので、時間がかかってしまい即日融資はほぼ不可能になってしまいます。

朝一に窓口で口座の開設とカードローンの申し込みを同時に申し込み「急いでいる」ということを伝えると審査の混み具合にもよりますが、審査通過後口座振替という形で当日利用出来ることもありますが確実ではないのが正直なところです。

みずほ銀行の口座を持っていない方は、審査は即日で済むものの、その日に融資を受けることは難しいと頭に入れておいた方がいいでしょう。

申し込んだのに審査が通らない?申し込みブラックとは

以前に比べカードローンでお金を借りるのにも、それほど抵抗感がない方も増えてきましたし、借り入れもしやすくなっています。

身近な存在になったからこそ、簡単に借り入れができるような気がしますが、カードローン・キャッシングにいくら申し込みをした場合でも審査を通過しない状態を、申し込みブラックといいます。

お金が入用な状態になった場合、それなりの借り入れをしようと考えますが、一度に複数の他社へ申し込みをしてしまうと「この人は今お金に困っている」と認定され、返済が滞る確率が上がるので、何度も審査を申し込んでも落とされるようになります。

具体的にはひと月の間に3社以上申し込みをすると申し込みブラックになると言われています。消費者金融や銀行カードローンなどに申し込みを行った場合、その申し込みをしたということが個人信用情報機関に通知されます。申し込みの履歴は6か月間情報として残ります。

この個人情報機関では消費者金融や銀行が申し込み者の情報をお互いに共有していますので注意が必要です。お金に困っている場合でも、一度に複数の申し込みをするのはやめておきましょう。

保証会社はオリコ

みずほ銀行カードローンの審査を通過するには保証会社の「株式会社オリエントコーポレーション」の審査を通過しなければなりません。略称の「オリコ」でご存知の方も多いでしょう。

過去にオリコ関連のカードの支払いで度重なる支払いの延滞などされていないでしょうか?そういった経緯がある方はオリコで社内ブラックになってる可能性があるので審査に通ることが難しくなります。

今現在他社で借り入れし延滞がある方も審査を通過するのは厳しいでしょう。消費者金融・銀行は個人信用情報機関で支払い状況の情報を共有してますので過去5年間のあなたの支払い状況は把握してます。

そういった方は今借り入れ中の金融機関に増枠を申請し金利を下げてもらうなど工夫をするなどしましょう。延滞はないが他社借り入れがあり借り換えを考えてる場合は1,2社くらいまでなら許容範囲ですが3社以上となると厳しくなりますので気をつけましょう。

みずほ銀行の総量規制外カードローン

消費者金融、クレジット会社などの信販会社などでカードローンを申し込んで利用する際には総量規制によって、年収の3分の1を超える融資を受けられないようになっており十分な金額を借りられないことがあります。

そのような場合は、銀行法が適用される銀行カードローンを選ぶことによって回避することが可能です。総量規制は貸金業法の一部で、貸金業法は消費者金融やクレジットカード会社、信販会社に適用される法律であるからです。

みずほ銀行のカードローンでは銀行法が適用される総量規制外の融資が可能になっておりますので、年収の3分の1を超える金額の融資を希望されているという方には最適なカードローンサービスになっております。

高額な融資を希望されている方はもちろんのこと、おまとめローンとして利用することも可能なので、カードローンの一括管理をするという面でも大きな魅力を持っているカードローンです。

PAGETOP